カテゴリー
ヘアケア

フケ対策にはシャンプーを見直しましょう。

肌の日焼けでも同じことですが、頭皮も日焼けによって乾燥します。これが元でフケの原因にもなっているようです。育毛剤などを使って肌の潤いを保つように心がけましょう。http://river-lab.org/

ドライヤーの熱風が苦手のようであれば冷風で素早く乾かして、自然乾燥にしないものも頭皮には良いポイントの一つです。以上のように日焼けした頭皮のケアをするとフケの改善に繋がりますのでおすすめしたいと思います。

乾燥に対するフケの対策はシャンプーを見直してみましょう。スーパーやドラックストアなどで売られている市販のシャンプーは殆どが石油系の界面活性剤が使われているそうです。この界面活性剤は食器を洗う洗剤や衣類を洗う洗剤にも含まれています。

この界面活性剤が入っているシャンプーは泡立ちがよくて洗浄力が高いのですが必要な皮脂や水分など髪の栄養となる大事なタンパク質まで洗い流してしまうそうです。これが元で頭皮が乾燥してフケの原因となります。頭皮と髪を優しく洗えるシャンプーを選ぶとか、フケが出ているときの大きなポイントになると思います。

また、フケ用のシャンプーもスーパーやドラックストアに行けば売っています。アミノ酸系のシャンプーも髪の毛には良いとされています。注意をしないといけない点として一般的なシャンプーに比べて泡立ちが弱いため、シャンプー前の予洗いでしっかり汚れを落としておきましょう。洗う時は手のひらで泡立ててから使いましょう。

髪と頭皮に与えるダメージが少ないため、フケの元となる乾燥や炎症を起こしにくい特徴などがあります。フケの原因はいくつでもあります。そのときの症状に似あったシャンプーを使うようにしましょう。

頭皮に負担をかけずに優しく洗うことがとても大事です。是非、シャンプー選びを見直してみて下さい。

日焼けと切れ毛の関係について。キューティクルがはがれやすくなります。

あなたはキューティクルと言う言葉はご存知でしょうか?髪の一番外側を覆っている膜のようなものですが紫外線の影響でめくれたり、またははがれたりしてしまいます。それが原因でフケのところでも書きましたが髪の中のタンパク質や保湿成分が流れてしまって、髪の水分や栄養などがなくなってしまうのだそうです。

髪のつやがなくなったり、パサつくといったのも紫外線の影響だと言えます。他にも髪の柔軟性がなくなる、切れ毛や枝毛が出来るのも紫外線が原因の一つです。